3種理論

3種理論

位相が遅れ進みどっちなのかの見分け方

電気の交流回路を考える時、分かりにくいのが位相の概念だと思います。 電験でも波形の図が出てきて、電圧に対して電流の位相は遅れか進みかどっち?と聞かれる問題がありますが、結構迷います。 ということで位相の遅れ、進みと位相差につい...
3種理論

計器用変圧器の略称について【EVT、GPT、PT、VTの違い】

計器用変圧器とは電源系統などの電圧を降圧して、保護継電器やメータへ入力するための変圧器です。 PTとVTの違い この計器用変圧器はPTと呼ばれたり、VTと呼ばれたりします。このPTとVTの違いはなんでしょうか?答えですが違いは...
3種理論

磁化曲線(BH曲線)とは?解説と例題【電験3種理論】

電験3種の理論科目では磁化曲線について問われる問題が出題されます。磁化曲線とは変圧器の鉄心などの磁性体が磁化するときの磁束密度の変化をグラフで表したものです。 このページでは磁化とは何か?から磁化曲線の見方を解説していきます。
3種理論

電験三種理論の試験対策まとめ

試験日当日、理論科目の試験は4科目の中で1番目に実施されます。内容は他の科目を解くための知識が含まれますので、4科目のなかでは最も大事な科目です。 そのため電験三種の勉強を始めるなら理論から取り組むことをおすすめします。 電験...
3種理論

電気力線とは?解説と例題【電験3種理論】

このページでは電気力線について分かりやすく解説していきます。ここの内容が分かると以下のような問題が解けるようになります。 例題1 電験三種理論 2017年問1 電界の状態を仮想的な線で表したものを電気力線という。この電気力線に関する...
3種理論

【電験三種理論】0から勉強する人に向けて交流回路の計算方法を解説します

交流回路の計算は直流回路の計算に比べて理解が難しくないでしょうか?直流だと抵抗に電流を掛ければ電圧になり、電流と電圧の掛け算で電力が求められるので比較的理解がしやすいと思います。一方、交流回路だと位相やインピーダンス、複素数などが出てきて...
3種理論

ダイオードとは?仕組みをわかりやすく解説

ダイオードとは簡単に言えば電流を一方向にしか流さない物質です。 電気の回路を作るうえで、電流を片方向にしか流したくないケースがあります。そんな時に使われます。 またLEDは「light emitting diode」の略で発光...
3種理論

半導体とは?分かりやすく解説

半導体とはある条件だと電流を流しにくくなったり、また異なる条件では電流をよく流したりする物質のことです。 言い換えると抵抗が条件によって大きく変わる物質といえます。 "電子"と”正孔”について 半導体を理解するには電子と...
3種理論

【電験三種】コンデンサを参考書で勉強する前に理解した方が良いこと

電験三種にでてくるコンデンサについて、参考書で勉強する前に理解しておくと良いことを解説します。 電験三種は難しい試験ですので、参考書を理解するのも大変です。参考書でスムーズに勉強が進められる様に、覚えていた方が良いことや理解した方が...
3種理論

【電験三種】”クーロン力”を参考書で勉強する前に理解した方が良いこと

"クーロン力"は2個以上の電荷がお互いに引き寄せ合ったり、反発しなったりする力のことです。電験三種に出てくる"クーロン力"について、参考書で勉強する前に覚えてしまったほうが良いことと、きちんと理解をしたほうが良いことを解説していきます。 ...
タイトルとURLをコピーしました