3種法規

電気設備技術基準とは?【省令、電技】

電気設備の設計や工事、保守をする際に必ず守らなくてはならないルールがあります。それが「電気設備技術基準」です。 そもそもこの「電気設備技術基準」とは何か?が分かる様に関係する法令に絡めて解説します。 電気設備技術基準の正式名称...
3種理論

位相が遅れ進みどっちなのかの見分け方

電気の交流回路を考える時、分かりにくいのが位相の概念だと思います。 電験でも波形の図が出てきて、電圧に対して電流の位相は遅れか進みかどっち?と聞かれる問題がありますが、結構迷います。 ということで位相の遅れ、進みと位相差につい...
3種法規

低圧屋内配線の種類と適用場所についての解説と例題【電験三種法規】

新しく設備を設置したときなどはその設備へ配線をする必要があります。その配線の方法は設備の場所や周囲の環境、そしてその設備がどういった設備か?といった点を考慮して決めます。 ただしどんな方法でも良いわけではなく、電気設備技術基準で適用...
3種電力

パワーヒューズ【PF】の構造を写真付きで解説

パワーヒューズは系統やモータ主回路など高圧回路で発生する短絡電流を遮断するためのヒューズです。図面では主にPF(Power Fuse)と表記されます。 たまに電力ヒューズとも呼ばれたりもします。またメーカのカタログでは限流ヒューズと...
3種理論

計器用変圧器の略称について【EVT、GPT、PT、VTの違い】

計器用変圧器とは電源系統などの電圧を降圧して、保護継電器やメータへ入力するための変圧器です。 PTとVTの違い この計器用変圧器はPTと呼ばれたり、VTと呼ばれたりします。このPTとVTの違いはなんでしょうか?答えですが違いは...
3種電力

表皮効果とは?わかりやすく解説

表皮効果とは簡単に言えばケーブルの中心を電流が流れにくくなる現象のことです。電流の周波数が高くなるほど、より流れにくくなります。 どうしてそのような事が起こるのかを解説します。 表皮効果が起こる原理 表皮効果はケーブルを...
3種電力

フェランチ効果とは?わかりやすく解説

フェランチ効果とは送電端よりも受電端の方が電圧が高くなる現象のことです。 送電する場所と受電する場所はケーブルなどで接続されています。そのため通常はケーブルなどの抵抗による電圧降下が起きて、受電場所の電圧が低くなります。 しか...
3種機械

インバーターの構造と原理の解説と例題【電験3種機械】

電験3種の機械科目では、インバーターの基本的な仕組みや構造を問われる問題が出題されます。ここではインバーターとは何か?というところから、仕組みや構造までを解説します。
3種理論

磁化曲線(BH曲線)とは?解説と例題【電験3種理論】

電験3種の理論科目では磁化曲線について問われる問題が出題されます。磁化曲線とは変圧器の鉄心などの磁性体が磁化するときの磁束密度の変化をグラフで表したものです。 このページでは磁化とは何か?から磁化曲線の見方を解説していきます。
3種理論

電験三種理論の試験対策まとめ

試験日当日、理論科目の試験は4科目の中で1番目に実施されます。内容は他の科目を解くための知識が含まれますので、4科目のなかでは最も大事な科目です。 そのため電験三種の勉強を始めるなら理論から取り組むことをおすすめします。 電験...
タイトルとURLをコピーしました