3種理論

電気力線とは?解説と例題【電験3種理論】

このページでは電気力線について分かりやすく解説していきます。ここの内容が分かると以下のような問題が解けるようになります。 例題1 電験三種理論 2017年問1 電界の状態を仮想的な線で表したものを電気力線という。この電気力線に関する...
試験情報

電験三種の試験制度変更について【2022年度以降】

2022年度から電験三種の試験が年に2回実施されることが決まりました。また2023年度からはCBT方式での試験が導入されます。 このように試験制度が変更になったのはなぜか?そして受験する私達にメリットはあるのか?という点を考えてみま...
試験情報

第三種電気主任技術者試験の試験情報

このページでは第三種電気主任技術者試験(通称:電験三種)の「試験情報」についてまとめています。 試験スケジュール <2022年度 第三種電気主任技術者試験> 2022年度からは試験が年2回実施されます。そのため例年どおり...
3種機械

インバータとPWM変換とキャリア周波数について解説

インバータから実際に出力される波形はどんなものなのか? そしてこれを説明するのにPWM変換とキャリア周波数もキーワードになってきますので、これらを解説していきます。
3種機械

インバーターとは?インバーターの役割や仕組みをわかりやすく解説

インバーターの構造や仕組みを誰にでもわかりやすく解説します!
3種機械

電動機のすべりとは?トルク特性、安定運転領域をわかりやすく解説

誘導電動機はすべりがないと運転することができません。そしてすべりによって出力できるトルクが変化します。 これをトルク特性といいます。 そして電動機には安定してトルクをだせる運転領域が決まっています。これを電動機の安定運転領域と...
3種機械

鉄損とは?ヒステリシス損と渦電流損について分かりやすく解説

変圧器や電動機などの損失を考えるとき、鉄損や銅損というワードがでてきます。このうち鉄損はどのような損失なのかと、鉄損が発生する原理を分かりやすく解説します。 変圧器や電動機の損失の分類 変圧器と電動機の共通点は電気エネルギーを...
3種機械

同期発電機とは?構造と発電の仕組みを分かりやすく解説

同期発電機は交流電力を発電する発電機です。火力発電所や原子力発電所などで運転している発電機は同期発電機がほとんどで、現在まで主流の発電機です。 この同期発電機の構造や発電する仕組みを図を使って分かりやすく解説します。 発電の仕...
3種機械

かご形電動機とは?構造と原理をわかりやすく解説

かご形電動機は構造がシンプルなので他の種類の電動機と比べて丈夫です。そのため最もよく使われる電動機です。ただ構造は簡単ですが回転する仕組みを理解するのが少し難しいです。そこで写真や図を使って誰にでもわかりやすく解説します。
3種理論

【電験三種理論】0から勉強する人に向けて交流回路の計算方法を解説します

交流回路の計算は直流回路の計算に比べて理解が難しくないでしょうか?直流だと抵抗に電流を掛ければ電圧になり、電流と電圧の掛け算で電力が求められるので比較的理解がしやすいと思います。一方、交流回路だと位相やインピーダンス、複素数などが出てきて...
タイトルとURLをコピーしました