3種機械

鉄損とは?ヒステリシス損と渦電流損について分かりやすく解説

変圧器や電動機などの損失を考えるとき、鉄損や銅損というワードがでてきます。このうち鉄損はどのような損失なのかと、鉄損が発生する原理を分かりやすく解説します。 変圧器や電動機の損失の分類 変圧器と電動機の共通点は電気エネルギーを...
3種機械

同期発電機とは?構造と発電の仕組みを分かりやすく解説

同期発電機は交流電力を発電する発電機です。火力発電所や原子力発電所などで運転している発電機は同期発電機がほとんどで、現在まで主流の発電機です。 この同期発電機の構造や発電する仕組みを図を使って分かりやすく解説します。 発電の仕...
3種機械

かご形電動機とは?構造と原理をわかりやすく解説

かご形電動機は構造がシンプルなので他の種類の電動機と比べて丈夫です。そのため最もよく使われる電動機です。ただ構造は簡単ですが回転する仕組みを理解するのが少し難しいです。そこで写真や図を使って誰にでもわかりやすく解説します。
3種理論

【電験三種理論】0から勉強する人に向けて交流回路の計算方法を解説します

交流回路の計算は直流回路の計算に比べて理解が難しくないでしょうか?直流だと抵抗に電流を掛ければ電圧になり、電流と電圧の掛け算で電力が求められるので比較的理解がしやすいと思います。一方、交流回路だと位相やインピーダンス、複素数などが出てきて...
3種理論

ダイオードとは?仕組みをわかりやすく解説

ダイオードとは簡単に言えば電流を一方向にしか流さない物質です。 電気の回路を作るうえで、電流を片方向にしか流したくないケースがあります。そんな時に使われます。 またLEDは「light emitting diode」の略で発光...
3種理論

半導体とは?分かりやすく解説

半導体とはある条件だと電流を流しにくくなったり、また異なる条件では電流をよく流したりする物質のことです。 言い換えると抵抗が条件によって大きく変わる物質といえます。 "電子"と”正孔”について 半導体を理解するには電子と...
3種理論

【電験三種】コンデンサを参考書で勉強する前に理解した方が良いこと

電験三種にでてくるコンデンサについて、参考書で勉強する前に理解しておくと良いことを解説します。 電験三種は難しい試験ですので、参考書を理解するのも大変です。参考書でスムーズに勉強が進められる様に、覚えていた方が良いことや理解した方が...
3種理論

【電験三種】”クーロン力”を参考書で勉強する前に理解した方が良いこと

"クーロン力"は2個以上の電荷がお互いに引き寄せ合ったり、反発しなったりする力のことです。電験三種に出てくる"クーロン力"について、参考書で勉強する前に覚えてしまったほうが良いことと、きちんと理解をしたほうが良いことを解説していきます。 ...
3種理論

【電験三種】”単位”について問う問題の解説と考え方

電験三種では"単位"について問う問題が出てきます。「ある"単位"を、同じ意味を表す様に他の"単位"で表わせ」といった問題です。 例えば電力の単位であるW(ワット)は、他のSI単位で表すとと表せます。 こういった問題を解くために...
3種理論

【電験三種】交流回路にでてくる用語について解説

電験3種に合格するためには交流回路の理解が必要です。ですが交流回路を数式だけで考えようとすると結構難しいですよね?そのため図を書いて考えられるかがポイントになります。また交流ではあまり聞き慣れない用語もでてきます。 そこで交流回路の...
タイトルとURLをコピーしました